柴犬は一般的に他の犬種よりも清潔好きと言わており、他のワンちゃんの飼い主の話を聞い比べてみても、それほどケガや病気にトラブルは多くないような気がします。ただ、柴犬にもかかりやすい病気があるので、最低限知っておくことは大切です。ここでは、特に柴犬によく現れる病気を紹介しますが、これらの病気以外にも、異物の誤飲や加齢などによっていつもと違う様子を見せるときがありますので、普段から自分の愛犬の様子をよく観察して、違和感はないか注意してあげましょう。

皮膚炎

特徴的な症状

体を掻く、顔や目をこする。皮膚が赤く変色したり一部毛が薄くなるなど。

原因と対処方法

カビ、ダニ、ハウスダストによるアトピー性皮膚炎が原因だったり、ドッグフードなどに含まれる物質による食物性のアレルギーによって発症するようです。原因は様々あるようですが、症状としては体をいつも以上に引っ掻いて痒そうにしていたり、顔や耳などを頻繁にこすったりするようだと、アレルギー性の異常を疑っていいでしょう。

経験上、深刻度はそれほど深くないような気がしますが、アレルギーがでると初期段階で鼻の周りが赤くなり、ひどくなると腰などを掻きすぎて腰の毛が薄くなったり、耳や目を爪で傷つけて出血する場合もありますので、その場合は病院に連れていくことをお勧めします。アレルギー性の場合おそらく薬を飲むと症状は収まりますが、食物アレルギーが原因がある場合は下痢などの症状も発症するようですので、よく観察してあげてください。

ウチのワンコは3歳になるまで、予防接種以外でまったく病院にかかることがなかったのですが、突然発症して引っ掻き過ぎて耳から血をだしたり、毛をむしり過ぎてちょっと腰まわりが薄毛になったりしましたので、以前までは大丈夫でも体調や加齢より突然発症することがあるようです。後に分かったのですが、どうも奥さんの実家から帰ってくると発症することが多いので、原因は畳などのイ草関係かそこに潜むダニが疑わしいようです。

原因が多く特定は難しいことが多いとは思いますが、散歩コースに何か問題がある可能性もあるし食物に原因があるかもしれないし、これはトライ&エラーを繰り返しながら愛犬を観察し、過保護にならない程度に一つ一つ原因を探っていくのがいいと思います。

 

 

嘔吐

特徴的な症状

食事後にもどしたり、えづきはじめる。

原因と対処方法

犬を飼い始めると分かりますが、結構吐きます。幼犬時のほうがその頻度は多かったようなきがしますが、病気でなくとも吐くことがあるので、元気がなかったり下痢などの症状がなければ心配はいりませんが、吐しゃ物の中に血が混じってたり頻繁に掃くようでしたら、食中毒や胃腸炎、異物を飲み込んだことが考えられますので、すぐに動物病院などに連れて行ってあげてください。

個人的な経験では、おなか空きすぎて胃液がでた、食べ過ぎてもどした、あまり噛まずに飲み込んだので消化できずにもどしたというのがあります。吐しゃ物を見てみると前者は白色の液体だったり、後者は黄色っぽい状態で食べ物が出てきたりしましたが、その後吐いたものを食べたりなめようとしたので特段心配はしませんでしたが、最初のうちは寝てたと思ったら突然吐き始めたりしてビックリすることもあるはずです。

大したことない場合もありますが、いずれもその前後の行動をよく観察してから判断しましょう。